土木部門

土木01

土木(どぼく)ってなあに?

土木とは文字通り「土(つち)」と「木(ぼく・き)」のことを指します。一般的に地面より下で行われる工事を土木工事、地面より上で行われる工事は建築工事と言い、この2つを合わせて「建設工事」と呼びます。

土木の仕事は、山・森林・川・海などの自然を相手に人々が使いやすいよう・住みやすいように、整備したり・改造したりすることが主な仕事です。一般的には、橋や高架道路・ダム・トンネル・道路・宅地造成などがそれらに当たります。
一方、建築の仕事は、土木が構築した人工の環境に、人々が安全で快適に利用出来る空間を作ることです。建築工事としては、ビルやマンション・戸建て住宅などがそれらに当たります。

土木は、人々が安全かつ快適な生活環境を考えるうえで地域にとって必要な仕事であると同時に、自然と人間が共生できるよう、より良い環境づくりしていくうえで、とても大切な仕事です。

弊社では平成18年7月、「第27回秋田県優良工事表彰」を受賞しました。

優良工事表彰とは、建設技術の向上を図ることを目的に、県が発注した工事の中から特に優秀な工事を選定し、これを施工した県内企業と監理技術者等を表彰するもので、昭和55年から実施されております。

小田島工務店の確かな施工内容が評価され、極めて狭き門を通過し、受賞しました。

弊社ではこれに満足することなく、工事周辺の環境整備、優れた施工計画、卓越した技術力と施工管理をこれからもより一層向上させてまいります。