自由設計

自由設計へのこだわり

注文住宅の購入を検討している方は、広告やカタログなどで「自由設計」という言葉を見ると思います。

“注文住宅”“自由設計”とはなんでしょうか。
自由設計とは、お客様のお好みやご希望に応じて、家の間取りや設備・仕様などを自由に設計できる住宅のことです。 ご契約後、間取りはもちろんのこと、弊社の取り扱う設備メーカー・ラインアップのなかから、キッチンや外壁、ドア等インテリアのデザイン、仕様などを担当とご相談をしながら、お好みによって自由に決めていただくことができるのが最大の強みであり、 マンションや建売一戸建てにはない魅力が自由設計にはあります。

Q 自由設計ならどんな家を建てても良いのですか?

自由設計の家と聞くと、完全フリーでどんな家でも建てても良いと思われがちですが、いろいろな制約や規制が存在します。建坪率や日照など、法律上の問題などもあります。

Q 自由設計と注文住宅の違いは何ですか?

実はこれらの定義はとても曖昧(あいまい)なものなんです。
自由設計は、間取り等を自由に変更出来るというもので、仕様等は予め自社で決めているメーカーが多いです。
延べ床面積も一応決まっていますが、オーバーする分については、追加の費用が発生します。

注文住宅は、施主様の依頼により建築するもので、間取り・仕様は全て施主様の要望によります。
とは言え、建設費は上限いくら位という要望で設計しますので、おおよその制限はあります。

一般的には、自由設計より、注文住宅のほうがその自由度は高くその分、コストもアップするケースも多いです。

自由設計のメリットとデメリット

メリット

  • 立地状況、価格、間取り、仕様を自由に選ぶことができる。

住む人のスタイルに合わせて、
さまざまなプランを作ることが可能!

デメリット

  • 膨大な情報量の中から仕様を選択
  • 企画外や設計標準外になると金額が割高に

コストメリットと引き換えに、
自由度と個性に制約がある!

後悔しないプランニングをするためには

自由設計の家の可能性は無限大です。
建てる人がいる分、世界に一つしか無い、オンリーワンの家が出来上がります。とはいっても、「家を建てる」という機会はなかなか少なく、イメージが付きにくいものです。そういったときは、完成されたモデルハウスに足を運ぶことをおススメします。展示場などを実際に見て、触れて「自分が住みたい家」をイメージすることがとても大切です。図面上では広そうに見えても、実物は意外に小さかった…なんてこともあったりしますからね。

小田島工務店ではお客様と一緒に造る家づくりをモットーにプランニングしております。