費用

「人生で一番高い買い物」と言われているマイホームですが、その言葉通りほとんどの方が住宅ローンを借りて建てているのが現状です。
そのため、長期間を住宅ローンと上手に付き合っていかなければいけません。

とはいえ、
一度借りてしまえば返すだけですので、住宅ローンの返済途中にできることは限られています。
大事なのは借りた後どうするかではなく、借りる前にあります。

絶対に失敗しない住宅ローンの考え方

色々な展示会に足を運ぶうちにマイホームへの意欲が湧いてきます。

「LDKは○○帖は欲しい」、「家事室と対面式キッチンが欲しい」、「書斎が欲しい」など 何度も訪れてはイメージし、建物の間取りを書いてもらったり、住宅設備など実物に触れてみたり、自分達が思い描く建物ができあがると同時に気になるのはやはり金額です。

建物概算金額で○,○○○万円。

高いか安いかはさておき、いろいろなことが頭をよぎります。
この金額に対していくら住宅ローンを借りなければいけないのか。
仮に○,○○○万円なんて大きな金額を借りることができるのだろうか。
いや、そもそも、この建物概算金額は本当に妥当なのだろうか・・など、
考えれば考えるほど、出口の見えない迷路に足を一歩踏み入れたような状況です。
残念ではありますが、こうなってしまうと「失敗」の2文字が見えてきます。

建物の概算金額の妥当性や住宅ローンを借りれるかどうかの確認よりも、まず真っ先に考えなければいけないことがあります。

それは「毎月、無理なく返済できる金額」です。

まずは毎月○万円なら無理なく返済できるという金額を設定することが大事です。
ここが決まると借りることができる金額の上限つまり予算を決めることができます。
その予算を元に建物の概算金額に見合うかどうかを判断していきます。
ここがしっかりしていると計画にブレがなくなります。

建物の金額が2,200万円だったから、住宅ローン組めば毎月6万円の支払いになる。
毎月6万円なら無理なく返済できるから、予算は2,200万円で組んでみよう。

同じ借入金額でも考え方はまるで違うのが分かりますね。

毎月の支払可能額から予算を決めることを念頭に計画してみましょう。

いろいろな補助金

国や県、各市町村で新築住宅に対していろいろな補助金制度があります。
弊社ではさまざま補助金制度を最大限活用できるよう提案しております。

1.すまい給付金

消費税率の引き上げに対しての緩和を目的につくられた補助金制度です。

  • 居住実績のない住宅(新築住宅)
  • 工事完了から一年以内の申請
  • 第三者機関の検査を受けている住宅
  • 床面積が50平方メートル以上ある住宅
上記が給付対象となる家の条件となります。

2.省エネ住宅ポイント

省エネルギー住宅の普及を図るために設けられた補助金制度です。
以前は住宅エコポイントとも呼ばれていました。

  • 省エネ法によりトップランナー基準に相当する住宅
  • 一次エネルギー消費量等級5の条件を満たす住宅
  • 一次エネルギー消費量等級4の条件を満たす木造住宅
  • 断熱性能等級4を満たす木造住宅
  • 省エネルギー対策等級4を満たす木造住宅

消費エネルギーと建物の関係性からエコかどうかを判断しており、住宅の断熱性能が大きく関わってきます。
上記のいずれかの条件を一つでも満たしていることが支給条件になります。

3.ZEH支援事業

高い断熱性能・太陽光発電・蓄電システムを採用することによって年間の消費電力を全て自宅で補ってしまう住宅のことを、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(=ZEH)といいます。

国の補助金制度の一つであり、最大150万円が支給されます。
公募のため、いつでも申請できるというわけではありませんので時期や条件に関しての注意が必要になります。

一般社団法人環境共創イニシアチブ

4.各市町村による新築住宅への補助金

国や県以外にも各市町村で独自の補助金を給付しているところもあります。

太陽光のソーラーパネルの設置や利子補充による補助金など、各自治体ごとでの補助金があったりもします。

毎年、春先にはその年度の予算が確定し、広報誌などに掲載されますので予算額を満たしてしまう前に申請等を行う必要があります。