構造

在来木造工法(木造軸組み工法)

小田島工務店では在来木造工法(木造軸組み工法)を採用しています。

在来木造工法とは、日本で最も多く用いられている一般的な木造建築の工法です。主に角材を使って柱と梁を組み上げて、家の骨格を形作り(これを「軸組み」といいます)さらに筋交いや金具を使い、構造全体の強度を高めます。
※筋交いとは・・柱と柱の間に斜めに入れて建築物や足場の構造を補強する部材のことです。

日本住宅保証検査機構

日本住宅保証検査機構とは、お客様に代わり、専門家が地盤調査からお引渡しまでの厳しい検査を行い、さらにお引渡し後10年間、独自の保証を行ってくれる安心の第三者機関です。

主な業務内容は検査と保証になります。
工事工程の中で4回の検査を行い、合格した住宅に対して10年保証を行うシステムです。

  • 基礎配筋検査
  • 構造体検査
  • 外装下地検査
  • 完了検査

保険対象範囲

品確法第94条第1項および第95条第1項に基づく瑕疵担保責任(構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分に関して)を負うことによって被る損害(住宅の基本的な耐力性能若しくは防水性能を満たす場合を除きます)について10年間の瑕疵担保責任の範囲が保険の対象となります。

保険の対象となる基本構造部分(例)

品確法に基づき定められた、構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分に関する瑕疵担保責任の範囲が対象となります。
品確法:住宅の品質確保の促進等に関する法律

保険期間

保険期間

※工事完了の日から2年以内の物件は一般瑕疵担保責任保険(2号)に変更出来る場合があります。